「ビジネス英語」タグアーカイブ

最もメジャーな英語能力テストであるTOEICのチャレンジを想定しているのだとすれば…。

アメリカの民間企業のコールセンターというもののほぼ全ては、実を言えばフィリピンに存在するのですが、電話中のアメリカ在住の人は、応対の相手がフィリピンの人間だとは予想だにしないでしょう。
英語の教科書的な知識などの知能指数を上昇させるだけでは、英語の会話はそうそうできない。そんなことよりも、英語での理解・共感する能力を上昇させることが、英語を操るために、特に重要事項であると想定している英語学習法があります。
英会話シャワーを浴びせられる場合には、本気で集中して聴くようにし、聞き取りにくかった箇所を何回も音読して、次からは聴き取ることが大事なことだ。
英語を話せる人に近道(鍛錬することなくという意味合いではありません)を教授してもらえるならば、スムーズに、効率的に英語の力を伸展させることができることでしょう。
一般にコロケーションとは、自然に連なって使われるいくつかの単語のつながりの意味で、ごくなめらかに英会話をするならば、この訓練が、とんでもなく重要なことなのです。

初心者向け英語放送のVOAは、日本在住の英語受験者たちの中で、とっても流行っており、TOEIC650~850点の段階を視野に入れている人たちのツールとして、幅広い層に歓迎されている。
最もメジャーな英語能力テストであるTOEICのチャレンジを想定しているのだとすれば、人気のAndroidのアプリケーションの『TOEICリスニングLITE』というトレーニングプログラムが、リスニング能力の発展に使えます。
いったいどうして日本人というものは、英語でいうところの「Get up」や「Sit down」といった言葉を、2語に分けて「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」などと発音するものなのか?これについては「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきなのだ。
「必然的に英語を話す、外国へ行く」とか「カフェで外国人とおしゃべりする」とか「英語で会話している映画や、歌詞が英語の歌や英語のニュースを聴く」といった方式がよく言われますが、第一に単語そのものを数多く覚えることです。
某英会話スクールのTOEICテスト向け講座は、入門編から高スコアの900点まで、目的のスコアレベル毎に7コースと充実しています。受験者の問題点を詳細に解析し得点アップになるよう、ぴったりの学習教材を用意してくれるのです。

何かにつけて、幼児が単語を記憶するように、英語を習得するのがいいと言い表されたりしますが、幼児がちゃんと言葉を用いることができるようになるのは、実際には長い間聞くことを続けてきたからなのです。
とある英会話クラスでは、「やさしい英会話なら話せるけど、ほんとうの胸中は自然に言えないことが多い」という、英語経験者の英会話上の苦労の種を克服する英会話講座だそうです。
欧米人と言葉を交わす折りはあるかもしれないが、フィリピン人、インド人、メキシコ人の話す英語など、現実的に訛りのある英語を理解できるということも、必要な会話する能力の要素です。
何か作業をやりながら並行でリスニングすることだってとても大切なことなのですが、1日20分程度は聞くことに専念して、話す訓練や文法の修学は、集中して聞くということをやってからにしましょう。
英語に慣れ親しんできたら、頭で考えて正しく変換しようとしないで、あくまでもイメージで把握するように、トライしてみてください。そのやり方に慣れれば、会話も読み物も、認識する時間がもっとスピードアップできます。