「英語教材」タグアーカイブ

アメリカ人と話をしたりという場合はよくあっても…。

英語でそれっぽく話すための極意としては、カンマの左の数=「thousand」と見なして、「000」の左の数を正確に発するようにするのが大事です。
オーバーラッピングという練習法を通じて、聞き取れる能力が向上する理由が2種類あります。「発音可能な音は聞き取って区別できる」ためと、「英語の処理効率がアップする」ためであります。
結局のところ英会話において、リスニング(ヒアリング)できる事とスピーキングの力は、ある特化した状態に限定されたものではなく、全体の話の筋道を補えるものであることが必須である。
それなりのレベルの素養があって、そういった段階から会話できる程度にいともたやすく移れる人の共通点は、失敗して恥をかくことを何とも思わないことだと考えられます。
英語学習の際の心積もりというより、実用的な部分の精神ということになりますが、へまを怖がることなくたくさん会話する、このスタンスが英語がうまくなる極意だといえます。

話すのは英語だけという英会話講座は、日本語の単語を英語にしたり、英語から日本語に変換したりといった訳す作業を、きれいに除外することにより、英語で英語を包括的に把握する思考回路を脳に作り上げます。
英会話が中・上位レベルの人には、とにかく英語の音声と字幕を使ったトレーニングを強くおすすめします。英語音声+英語字幕を使うことにより、どのような内容を述解しているのか、洗いざらい理解できるようにすることが大事なことなのです。
いわゆる英会話では、最初に文法や単語を暗記することが必須条件だと思われるが、まず最初に英語を話すことの目標をちゃんと策定し、意識せずに作り上げている、メンタルブロックを崩す事が重要なことなのです。
意味するものは、フレーズ自体がすらすらと認識できるレベルに達すると、言いまわしを一つのまとまりとして脳裏に貯めることができるようになるだろう。
僕の場合は、リーディングの勉強を数多く敢行してフレーズを増やしてきたから、その他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキング)は、それぞれ適当と思われる英語教材などを何冊かこなすだけで差し支えなかった。

緊張しないようにするには、「長時間、英会話するシチュエーションを1回もつ」ことに比較して、「短い時間であっても、英会話する場をたっぷり作る」ようにする方が、絶対に効果があるのです。
アメリカ人と話をしたりという場合はよくあっても、メキシコ英語やフィリピン、インドの人が話す英語など、いかにも発音に相違ある英語を聞き分けができるということも、不可欠な英語技術のキーポイントなのです。
ある英語学校は、「単純な会話だったら問題ないけれど、ほんとうの胸中はスムーズに言い表せないことが多い」という、中級以上の実力を持つ方の英会話の苦しみをクリアする英会話講座だと聞きました。
ひとまず直訳はしないようにして、欧米人の言い方を模倣する。日本語の思考法で何となしに英文を作らない。普通に使うことの多い表現であれば、それだけ日本語の表現を置換しても、英語として成立しない。
楽しんで学ぶことを標語として、英会話の総合力を培うクラスがあります。そこではその日のテーマにマッチしたおしゃべりによって話す能力を、トピックや歌等の種類豊富なネタを使うことにより聞く力をアップさせます。