「TOEIC攻略」カテゴリーアーカイブ

他の国の人間も客として集ってくる…。

TOEIC等のテストで、レベルの高い点数を上げることをゴールとして英語を学んでいるような人と、自由に英語を話せるようにする目的で、英語レッスンを受けている人とでは、最終的に英語の能力そのものに歴然とした差が見られがちです。
何のために日本人は、英語でしばしば使用される「Get up」や「Sit down」といった語句を、「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」という感じで発音するのですか?この場合なら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音した方がよい。
まず最初に安易な直訳は排斥し、欧米人がよくやる表現をそっくり盗む。日本語の思考法で適当な文章をひねり出さない。日常的な言い回しであれば、その分日本語の語句を置き換えたとしても、決して英語にはならない。
自分の場合は、リーディングの練習を沢山やることによって言い回しをストックしたので、それ以外の他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキング)は、各々あり合わせの学習素材を2、3冊やるのみで心配なかった。
ただ聞いているだけの英会話シャワーだけでは、リスニング能力は向上しません。リスニング効率を伸ばすためには、結局十二分な音読と発音を繰り返すことなのだといえるでしょう。

英語で会話をしている最中に、覚えていない単語が現れることが、頻繁にあります。そんな時に実用的なのが、話の筋からおおよそ、こういうことだろうと考えることです。
英語に抵抗がなくなって来たら、単語等を考えながら文法的に変換しようとしないで、印象で掴むように、トレーニングしてみて下さい。意識せずにできるようになると、会話するのも読むのも、認識する速さが物凄く速くなるはずです。
英会話教材のロゼッタストーンでは、日本語に訳してから考えたり、言葉とか文法を単に覚えるのではなく、他の国で日々を過ごすように、無意識の内に英語というものを会得することができます。
何かにつけて、幼児が言語を覚えるように、ナチュラルに英語を学ぶべきという言い回しがありますが、幼児がたしかに言葉を操れるようになるのは、本当のことを言えば長い間言葉を耳に入れてきたからなのです。
コロケーションとは文法用語で、大抵揃って使われる複数の言葉の連語のことで、こなれた感じで英会話をするには、コロケーションについての習得が、相当に重要だと言われます。

英語で話す訓練や英語文法の勉強は、まず最初に入念にリスニング練習を実行してから、言わば遮二無二覚えようとはせずに「英語に慣れる」方法を採用すると言うものです。
ロゼッタストーンというソフトは、英語・英会話を筆頭に、30以上の他国語の会話の学習ができる語学学習体感ソフトなのです。ただひたすら聞くだけではなく、話ができることを願う人達にあつらえ向きです。
他の国の人間も客として集ってくる、英会話Cafeは、英語を勉強しているけれども会話をするする機会がない方と、英会話をするチャンスを探し求めている方が、両方とも会話を楽しむことができるのです。
ふつう英語の勉強をするのであれば、①とりあえず何度も聞くこと、②頭そのものを日本語から英語に切り替えて考える、③一度学んだことをその状態で保持することが必要不可欠です。
人気のニコニコ動画では、勉強するための英語会話の動画以外にも、日本語のフレーズ、普段活用する常套句などを、英語でなんと言うかを総合的にまとめた映像が掲載されている。