「TOEIC攻略」カテゴリーアーカイブ

先人に近道(頑張ることなしにという意味合いではありません)を教わるならば…。

英語を読みこなす訓練と単語自体の暗記、そのふたつの学習を並行して済ませるようないい加減なことはせずに、単語を学習するならただ単語だけをエイヤっと暗記するべきだ。
YouCanSpeakという教材の特徴は、聴くことで英会話の勉強をするというよりも、ひたすら話しながら英会話学習するタイプの教科書なのです。何をおいても、英会話を主眼としてレッスンしたい人に一番ふさわしいと思います。
どんなわけで日本語では、英語で使われる事の多い「Get up」や「Sit down」という発音を、2つの語を離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」とくっきりと発音するのですか?このような語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発する方がよい。
最もメジャーな英語能力テストであるTOEICは、決まった時期に実施されるので、しきりにテストは受けられませんでしたが、新興のCASEC(キャセック)というテストは、パソコン等で気軽にトライできるため、TOEIC用のトライアルとしてもオススメできます。
先人に近道(頑張ることなしにという意味合いではありません)を教わるならば、短時間で、効率よく英語の技能を伸長させることができると言えます。

英会話のシャワーを浴び続ける際には、がっちり集中して聴くようにし、あまり分からなかった所を何度も朗読して、今度からは分かるようにすることが大事なことだ。
学習は楽しいを信条として、英会話の総合力を培うクラスがあります。そこでは主題にあった対話を用いて話す力を、トピックや歌等の多種多様なテキストを用いて聞く能力を付けていきます。
ドンウィンスローの小説そのものが、大変秀逸で、残りの部分も早く目を通したくなるのです。英語学習的なニュアンスはなくて、続きに心惹かれるので勉強そのものをキープすることができるのです。
聞き流すだけのただ英語のシャワーを浴びるだけでは、リスニングの才覚は上がらないのです。聞き取り能力を伸ばすためには、つまり重点的な何度も音読し発音することが大切なことなのです。
一般にコロケーションとは、いつも一緒に使われる複数の単語のつながりの意味で、一般的に自然な英会話をするならば、これを活用するための知識が、とんでもなく大事だと聞きます。

私の経験からいうと、英語で読んでいく訓練を大量に敢行してフレーズを増やしてきたから、他のリスニング、ライティング、スピーキングというような技能は、別々に普通の英語の参考書等を少しやるのみで通用した。
元々文法は英会話に必須なのか?という大論戦は事あるごとにされてるけど、自分の経験からすると文法の知識があると、英文を読んだ時の理解速度が圧倒的に向上しますから、後ですごく助かる。
話題のニコニコ動画では、学習用の英会話の動画以外にも、日本語の単語や語句、恒常的に使うことの多いフレーズを、英語にするとどうなるのかをグループ化した動画を公開している。
ある英会話スクールでは、「単純な会話だったらなんとか話せるけれど、真に伝えたいことが滑らかに表現できないことが多い」という、中・上級レベルの方の英会話の苦悩をクリアする英会話講座なのです。
英会話では、とりあえずグラマーや語句等を記憶することが重要だと思われるが、最初に英会話をするための目標をちゃんと策定し、なにげなく作り上げてしまった、精神的障壁を取り去ることが重要なポイントなのです。